cocoronotomoのブログ

傍聴した裁判から学んだ事、考えた事をまとめています

反省をまずは外見から見せる

先日、「直撃!シンソウ坂上」という番組で、診療報酬不正受給で執行猶予中の脇坂英理子が出演していた。

最初は不正の手口だとは知らなかったとか、不正受給したお金をホストクラブ通いには使っていないなど釈明をしたが、坂上忍や他の出演者からは、事件前と変わらない派手なメイクや胸の空いた衣装のダメ出し。

出演を承諾したのも釈明をしたいということであり、釈明をしたいということは世間の人に自分の主張を認めてもらいたいということだ。

罪を犯した人がその罪に付随する自分の主張を認めてもらいたい場合、罪の部分をしっかり反省していることを見せる必要がある。罪の部分はしっかり反省していますといくら口で説明しても、以前と変わらない派手な服装とメイクで言われても、人の心は納得しないものである。

このテレビ番組に出演することが、世間の人に釈明し自分の説明を納得してもらいたいということであれば、ファッションなど自己表現はさておき、地味ないで立ちで演出と自分を納得させれば、元来の出演目的を果たせたのにと思う。自己表現もしたいし、釈明をしたいと欲張った結果である。


このようなことを考えていたところ、先日傍聴した窃盗の被告が、南海キャンディーズの山ちゃんの赤いメガネをもっと明るい赤に、縁の太さももっと太い、そして髪型はひょっこりはんのようなうけを狙っているのかとしか思えない風貌をしていた。

拘留の身なので、髪の毛をおもしろくセットも出来ないし、メガネも普段からかけているものだと思うが、おもしろメガネとおもしろ髪型に意表をつかれた。ちなみにお金がなくなって近所のラーメン屋からチャーシューを盗んだという事件。何度もチャーシューがなくなった被害を受けたラーメン屋さんはお気の毒だ。