cocoronotomoのブログ

傍聴した裁判から学んだ事、考えた事をまとめています

強姦の被告の中でもイケメンの方がクズ

わいせつ事件の被告に意外とイケメンの被告がいることがある。

 

今回傍聴した強姦事件の被告は、肌も綺麗でまつげもクルンとカール、ホスト風でいわゆるイケメン。入廷の際、ついている腰縄が端正な顔立ちに相当違和感があった。

 

強姦の被告人がモテないお世辞にも端正な顔立ちとは言えない容姿・・・というのは私も含め世間一般の勝手なイメージなんだろう。

 

今回の被告は別件で逮捕された際、8年前の強姦事件とDNA型が一致したことから発覚。今日は被害者女性の証人尋問だった。

 

被害者は帰宅時、自宅マンションの郵便ポストで郵便物を取り出しているところ、被告に「すみません」と声をかけられ、強引に階段の踊り場まで連れていかれ、むりやりキス、口淫、性交させられたという内容。

女性は、抵抗したものの、怖くてされるがままだった。

 

女性は事件後、仕事も続けることが出来なくなり、事件現場となった自宅マンションはすぐにでも引越ししたかったが、金銭的な余裕もなく、しばらくは住み続けざるをえなかった。

その後引越ししたが、トラウマで当時交際していた男性とも性交渉が出来なくなり、自分から別れを切り出したそうだ。8年前の出来事だが、その後の人生を大きく狂わす事件であり、涙ながらに事件の詳細を証言した。

 

自宅マンションに帰る、ポストの郵便物を取り出す・・・全く特別な行為ではなく、誰もが日常行う事。被害者からしたら、見ず知らずの被告人のエゴだけがいきなり入ってきて、人生を破壊されたも同然だ。

 

被告人は事件後も事件の事すら忘れているほどに平然と日常生活を送り、さらにまた同様の事件を繰り返している。

 

今回の被告は、まだ若く容姿が整っていることもあり、女性と正当な工程を経て肉体関係を持つことはそれほど難しいことでもないはず。

その工程すらすっとばして、この瞬間で自分の性欲だけを満たせればよいと考える時点で、モテないクンの暴走よりもっと悪なような気がする。

 

でも、前に千葉大医学生集団強姦事件というのがあったが、医大生ということもあり、彼らも女性との肉体関係を持つのにそれ程苦労しなかった過去があるのだろう。

ある程度モテる容姿の男がクズな性格だと、「女性をその気にさせるなんてカンタン」などと思いあがり、肉体関係へ持ち込む工程まで面倒になり歪んだ認知で強姦を起こしてしまうのかもしれない。

よって、強姦の罪でのイケメン被告は同種の犯罪でもクズという私の中での法則が出来た。