ココロノトモのブログ

傍聴した裁判から学んだ事、考えた事をまとめています

拘置所差し入れで買える物リストから考える

木嶋佳苗の拘置所日記に、拘置所差し入れで買える

自弁物品購入価格表が掲載されていた。

 

普段なかなかお目にかかれないリストなので、どんな物が購入できるようになっているのか興味深かった。

まず、日用品部門のリストではシャツや下着、文房具等は予想通り。

 

気になったのは・・・

白糸、黒糸(衣類補修用)・・・針やハサミは借りるのだろうか・・・

 

ルービックキューブ・・・リストの中で娯楽になりそうなものはこれだけだが、なぜルービックキューブがリストに選ばれたのか・・・。

しかも2376円、高い!

 

・スポーツブラ(女子用)・・・サイズの選択がない。女子のブラがワンサイズなんてありえない!

 

生花花びん写真たて・・・最低限の持ち物で生活する拘置所で、この3つがリストに入っていることにハッとさせられた。

 

人間の本当に大切なものは、生花花びん写真たて(もちろん写真に誰が写っているかということだが)を通しての心の平穏なのかもしれないということに気付かされた。