裁判傍聴から人生を学ぶココロノトモのブログ

傍聴した裁判から学んだ事、考えた事をまとめています

本屋での万引き犯(量刑記録)

【罪名】窃盗 【判決】一年(執行猶予) 本屋2店舗で14冊、9冊を万引き、計約14000円。 本は転売していた。後日本屋への支払いは行った。

街を走るアドトラック(宣伝カー)と法規制について考えてみる

https://twitter.com/takuya_hyon/status/1107859822769143808?s=19 電車内で4歳くらいの女の子が突然「バーニラッバニラバーニラ求人バーニラッバニラ高収入」って急に歌いはじめて母親は慌てて子供の口を手で抑え父親は遠くを見ている対面に座るお兄さんはネ…

4月は裁判官異動の時期

4月は裁判官の異動の時期。 勝手に傍聴しているだけとはいえ、いつものあの裁判官がいなくなると思うのは寂しいもの。今回発表された異動情報で、好きな裁判官のうち 寺本真依子裁判官(東京地裁家裁立川支部へ異動)と、西山志帆裁判官(東京地裁へ異動)の異動…

表現豊かで声が大きい被害者の訴えを聞いて普段感じない違和感を感じたこと

被害者参加制度という制度がある。 刑事訴訟に犯罪被害者や委託を受けた弁護士が参加する制度のことだが、参加をすると、被害者が書面や口頭で直接裁判官に訴えることができるという制度だ。 ニュースで日々様々な事件が起こっていて、それなりに被害者の立…

どれだけ謝罪をされても怒りが収まらない理由

裁判でよく出てくるワード「謝罪文」 被告人が被害者に送るものだが、そもそも受け取ってもらえないことも多い。 被害者と加害者が全く面識がない場合もあり、少しでもこんなひどいことをする理由や背景、謝罪を期待して、複雑な気持ちをかかえながら被害者…

小学校の先生が6才女児生徒にわいせつ(量刑記録)

【罪名】強制わいせつ 【判決】懲役2年6月、4年執行猶予 小学校の先生が、6才女児生徒にわざと水をかけ、世話をすることを装い、パンツを脱がせ陰部を直接さわる。 教師を懲戒免職されており、退職金も受け取りなし、妻とは離婚せず心臓病の長女の看病が必要…

下着泥棒(量刑記録)

【罪名】窃盗 【判決】懲役1年6月(執行猶予3年) マンション2階のベランダによじ登り、下着8枚を窃盗。 30年前に同様前科有。

知的障害者の性犯罪

先日、性犯罪被告が知的障害者について、以下のツイートをした。 知的障害者への性教育ってどうなっているのだろう。知的障害者の性犯罪を傍聴したのだけれど、彼は30歳を越えて自慰行為自体の存在も知らず、友人から借りたレイプもののDVDで性行為=レイプと…

なぜそんな事件を気軽に手伝ってしまうのか?

事件は単独の場合と、複数人で行う場合がある。 複数人で行う場合でも、それぞれの関係性が独立している場合もあるが、主犯格がいて他の共犯者を意のままに操るという場合もある。 多くの事件で主犯格になる被告人は特に、共犯者として片棒を担がせたり、被…

前回の裁判に電車賃が用意出来なかった万引き犯(量刑記録)

【罪名】窃盗 【判決】懲役1年(執行猶予3年)前科2犯、前回20万円罰金刑の女性。 スーパーで万引き。主人が情状証人。ご主人の月収が22-23万ほど(被告人は無職) 生活費足りないと万引き。 対策として被告人自身もバイト見つけるとのことだが、今後収入少ない…

誰もが動画を取れるようになったメリットとデメリット

最近ニュースでよく出てくるあおり運転の動画などを見て、今みんながスマホを持っているので、昔なら証拠が残らなかった事件も、このように動かぬ証拠として簡単に残すことが出来るようになってよかったと思う。 急にあおり運転する人が増えたとは考えにくい…

まともな人間でいたいと思う欲望との戦い

傍聴している公判で、ある一定程度の割合で介護殺人事件に出くわす。 私が今まで傍聴した介護殺人では、比較的介護を初めて初期の段階で事件が起こっている。そして、その被告の周りには、介護に無関心な他の家族、見て見ぬふり、一人で頑張ってしまう被告、…

今年初傍聴は空振り

今日、張り切って裁判所に行ったけれど、刑事:午前1件、午後1件(判決) 民事:0件だった。家裁の開廷表に、午後3件(いずれも離婚)あったので、年明け早々離婚裁判の出廷大変だなぁと思いながら、待っていたが3件とも中止。1件は原告代理人は来ていたけれど、被…

ストーカーや嫌がらせが愛知県迷惑行為防止条例として厳しく取り締まり出来るようになった

新年になり、ストーカーや嫌がらせに厳しく取り締まりが出来るよう、愛知県の条例が改正された。 愛知県警察/愛知県迷惑行為防止条例(平成31年1月1日施行) 条例をそのまま読んでも、やたら回りくどくて難しい言葉が並んでいるので(法曹界の方々、本当に…

出会い系で出会った中年女性がストーカーへ豹変(量刑記録)

出会い系で出会ったアラフィフ同士中年男女。別れ話がもつれ女性がストーカーとなった事件。 【罪名】ストーカー行為等の規制等に関する法律 【判決】6月 執行猶予3年(求刑6月) 最初は週2位でデートし、合鍵も渡したり、お互いのスマホに位置情報が分かる…

現在の一夫一婦制にかなり無理があると東大教授の先生も言っていた

離婚の裁判を傍聴するたびに、そもそも一夫一妻制に無理があるんじゃないの?そもそもの婚姻のルール自体をもう少し見直す必要があるんじゃないの?と思わざるをえない。 家に帰ればテレビでは、年がら年中芸能人の不倫や離婚の話が目に入ってきて、なんかみ…

オーバーステイと在留カード偽造(量刑記録)

インドネシア人男性が、オーバーステイし、在留カード偽造した罪。 【罪名】 出入国管理及び難民認定法違反 【判決】 懲役2年、執行猶予4年 この判決で晴れて勾留の身から解放されたことになる。 被告に付き添う人物が、刑務官から出入国管理官?(制服も刑…

後妻業の妻 筧千佐子にかかわってしまった男達の幸せとは

先日テレビで、後妻業の妻 筧千佐子の面会に何度も行き本を執筆したルポライターが出演していた。去年私も京都地裁まで傍聴しに行ったので思ったことを記録しておこうと思う。 まず、この事件は、起訴されたのが4名だが、それ以外にも殺めているようで(ルポ…

11月の名古屋地裁裁判員裁判

毎月1日に裁判員裁判の開廷期日の情報が更新される。 名古屋地裁の2018年11月裁判員裁判の予定はこちら↓ 裁判所|名古屋地方裁判所本庁の裁判員裁判開廷期日情報 10/22~すでに始まっている裁判員裁判は、この事件で、11月に入ってからもまだ裁判員裁判が行わ…

被告の心の中をどう暴くかは検事の腕の見せどころ

裁判では、被告がいつから犯行を考えていたかを証明することは大きなポイントである。 例えば、 殺人なら前から殺そうと思っていたのか、とっさに殺してしまったのか、 性犯罪なら前からたくらんでいたのか、とっさに犯してしまったのか、 など。 これは、犯…

名古屋刑務所のイベント、みよし矯正展のレポート②

名古屋刑務所のイベント、みよし矯正展のレポート① の続き。 屋台では普通のお祭りと同じように焼きそば、イカ焼き、そしてココイチなんかもあったが、せっかくなので昼食は500円で受刑者食事体験をしてみた。 メニューは名古屋らしくみそがついたカツがメイ…

名古屋刑務所のイベント、みよし矯正展のレポート①

年に一度、名古屋刑務所で毎年10月に刑務所の施設が見学出来るイベントがあるのだが、それに行って来た。 法務省:第30回東海北陸・みよし矯正展の開催について 私のように裁判所にしょっちゅう行っている変わった人は少数。 普通の人は刑務所に行くなん…

犯罪のインセンティブ、損得勘定

随分前だが、社会のマナーやルールについてのテーマをテレビで放送していた。 その中で犯罪をおかすインセンティブがどのような時に働くかということについてもふれていた。その公式というのがこれ。その行為によって得られるもの ≧ 失うもの × 摘発される確…

裁判でカギ屋について学んだ

事件に関連する空室になっているマンション一室で、中に誰もいないのに、なぜかドアU字ロックがかかっていたという奇妙な事件があった。 結局なぞは解けないままだが、U字ロックを外から開けることになった為、カギの専門家としてカギ屋さんの証言を聞くこと…

男子中学生を8日間連れまわした35歳男(量刑記録)

被告(♂35)は中学生を装い、男子中学生とネットで知り合い交際。 連れ出し、夜行バスで名古屋から横浜まで一緒に行きネットカフェなどに寝泊まりさせる。 8日間も連れまわし、職質を受けたことで男子中学生が解放。 それなりに男子中学生を行きたいところに…

ナンパテクに絶対の自信を持つイケメンナンパ師の求刑

以前、続けて傍聴したイケメンナンパ氏強姦事件の論告弁論が行われた。 cocoronotomo.hatenablog.com cocoronotomo.hatenablog.com 【求刑】 2件の強姦事件で求刑6年。 8年前の事件の為、現法律ではなく、当時の罪名強姦扱い。 【弁論】 ・腕をつかむ程度は…

元モーニング娘 吉澤ひとみの飲酒運転事故にも共通する逃走の背景

元モーニング娘 吉澤ひとみの飲酒運転事故のニュースを見た時、華々しい世界のアイドルが護送されている姿はギャップがあり、なかなかの衝撃だった。 車を運転していれば、事故を自分が起こしてしまう可能性もあるし、事故に巻き込まれる可能性もある。 悪意…

痴漢の間違った問題解決方法

捕まったことによって、痴漢が治った人はいるのだろうか。傍聴すればするほど、痴漢は治せるものではない、痴漢をやめさせることが出来る方法はないという確信が高まっていく。今回傍聴した被告は前回服役もしており、今回5回目。今回父親が情状証人として出…

9月の名古屋地裁裁判員裁判

毎月1日に、裁判員裁判の情報が公開される。 9月の裁判員裁判は傷害致死1件のみ。 7月・8月は裁判官の夏季休暇の関係で少ないので、9月に入ればもう少し多く裁判員裁判があると思っていた。 名古屋地裁の裁判員裁判も裁判全体数も、今年に入ってから体感とし…

裁判で垣間見れる夫婦の実態

離婚の裁判では、目の前でこんなにお互いを陥れ、嘘にまみれた争いが繰り広げられているのだが、まだ別居していない夫婦であれば、同じ家から出てきて法廷でバトルしてまた同じ家に帰る。なかなかの地獄だ。 一度は永遠の愛を誓った二人だが、少しでも自分が…